FC2ブログ
どとーるかふぇ
PSO2に完全移行しました
05 | 2019/06 | 07
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
Author:ぱんだ
  • Author:ぱんだ
  • 嫁に足蹴にされながらメルストしてますはい。
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
実はなかった
最近になってサッカー漫画の「GIANT KILLING」を読み始めました。
今14巻を読み終わったところです。


よくよく考えてみたら今まで買った漫画に「サッカー漫画」のジャンルがないことに気付きました。
まぁもともとが「ベルセルク」、「キングダム」、「鋼の錬金術」のような戦う漫画が好きなのでスポーツ漫画自体が持ってなかったり。


もともとはサッカーコラムを書いているブログで紹介されてたことがきっかけで、最近29巻が店頭に並んでたこともあって、試しに1巻を買ってみたらはまってしまって、1日1冊のペースで会社帰りに買って読んでます。


続きは「GIANT KILLING」の内容紹介でっす。
ネタバレまではしません。

物語は「GIANT KILLING」という言葉が刺す意味のとおり、弱小クラブが強豪クラブを倒すことに生きがいを持つ主人公が日本のJリーグの弱小チームからオファーを受け、監督としてクラブチームを率いていく話。

見たことあるサッカー漫画はたいていが主人公がプレイヤーでフォワードで日本代表になって、点とって活躍して~という王道パターンが多いですが、この漫画では監督業、そしてJリーグクラブに主にスポットを当て選手、サポーター、クラブそれぞれの成長や葛藤を描いています。

サッカー漫画はキャプテン翼(ヤンマガ連載時のみ)とファンタジスタ駿(だっけ?)、エリアの騎士、俺たちのフィールドくらいしか読んだことがなく、どれも主人公はプレイヤーなので読んでいてとても新鮮です。

そして個人的なんですが、セリフや人間関係の表現がとても素晴らしいと思います。
各巻に1回は名言が出てるんじゃないでしょうか?と思うくらい同じ巻を何回も読み直してます。


とまぁどっぷりはまってしまっている状態ですが、もし興味がわいた方は読んでみてください。
とてもお勧めです。

【2013/11/26 23:48】 サッカー | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
<<新年 | BLOG TOP | ベルギー戦とその後>>
この記事に対するコメント
このページの先頭へ
この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
トラックバックURL▼
⇒ http://dotorunet.blog49.fc2.com/tb.php/1192-576211a5


このページの先頭へ
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。